TOPICS

手作りおもちゃ 注目記事ランキング

1位〜50位

  • 1位

    キラキラチャーム(東京おもちゃまつり出展)

    東京おもちゃ祭り2019 出展の新作のオリジナル工作の2点目のご紹介です。 キラキラチャーム小さなガラスドームが入った可愛いチャームを作る工作です。(周りの飾りテープとマジックで絵柄を描くワークショップ)底面のホノグラムにうっすら

    ちあんじゅ。

    ちあんじゅ。の声

  • 2位

    台風直撃の中の出勤は一転、閉店へ

    台風直撃の中の出勤は急遽閉昨日の続編です。朝の時点では午後6時まで開店と言っていたのが、周りの状況に焦ったようで急転、12時で閉店に。要職についている方の判断力が乏しいと配送関係者はすでに暴風雨の困難な中深夜から配送を開始し、朝から店々は仕込みやパンなど焼き始め準備します。その後周りの様子を見て、逆に閉店しないとたたかれると思うや急に閉店を決める。配送関係者が到着した時には閉店、焼いたパンは全て廃棄。暴風雨の危険な中従業員は通勤・・・・今後温暖化の中、大型台風は当たり前の時代になりました。しっかり判断できる人を要職に就けてほしいものです。今回の出来事から、ある4コマ漫画のことを思い出しました。社長「今年の新入社員で切れ者はいたか」専務「はい、5人ほど切れる者がいました。将来会社に大きく貢献すると期待しております...台風直撃の中の出勤は一転、閉店へ

    さんぽみちクラブ

    子育ては、失敗・ほろ苦さ時々喜び 子どもの可能性は無限 さんぽみちクラブ

  • 3位

    近くの公団が水害に もう人ごとではない

    近くの公団が水害にもう人ごとではない台風19号によって大きな被害が出ました。1日でも早く被害者の方々が普通の生活に戻れることを願っています。台風の発生数は、2011年以降2018年まで平均26回です。今回が19号と考えると今年だけであと7回は台風が来ることが予想されます。(今年の春の桜が咲いている時)(同じところから撮影した昨日の状況)(河川の横の遊歩道)公団に住んでいますが、近くの公団が水害に襲われたと聞いて見に行きました。川が氾濫し公団からその下流域が湖のようになっていました。かろうじて公団は浸水を免れたようですが、車が水没したり道路は浸水していました。同じ公団に住む者として人ごとではなく被害の回復を願いつつ真剣にこの大災害時代に向き合わねばならない時代になったのだと悟りました。(公団の下流域)と同時に先日...近くの公団が水害にもう人ごとではない

    さんぽみちクラブ

    子育ては、失敗・ほろ苦さ時々喜び 子どもの可能性は無限 さんぽみちクラブ

  • 4位

    命の危険がある怖い踏切 その2

    命の危険がある怖い踏切その2私自身の踏みきりの怖い経験は昨日書きました。踏切は本当に怖いと思います。ひとたび踏切内で何かあった時、ほとんど電車が突っ込んでいます。必ずその後の運転手のコメントとして、「気がついて急ブレーキをかけたが間に合わなかった」つまり踏切内で何か起こった時、非常停止ボタンを押さない限り、電車は突っ込むのです。私のように松葉杖で踏切の真ん中にいた時は非常ボタンなど押しようがありません。ましてや目の見えない方、車イスの方など踏切を渡るのは命がけだと思います。さらに日本では超高齢化社会の中、残念ながら認知症になってしまう方も数多くいます。認知症の方が、命の危険さえある踏切にいとも簡単には入れることが大問題だと思います。車はこの50年間の間に大きく安全性が進歩しています。高齢化社会の中当たり前のこと...命の危険がある怖い踏切その2

    さんぽみちクラブ

    子育ては、失敗・ほろ苦さ時々喜び 子どもの可能性は無限 さんぽみちクラブ

  • 5位

    東京おもちゃまつり2019に出展します

    ちあんじゅ。は、2019年10月20日(日)「東京おもちゃまつり」の「縁日エリア」に出展します。http://goodtoy.org/ttm/matsuri/matsuri_ennitchi.html場所は、2階 コミュニティルームです。&

    ちあんじゅ。

    ちあんじゅ。の声

「ハンドメイドブログ」 カテゴリー一覧